ライスフォース 化粧水

 

ライスフォースの化粧水の成分の安全性

ライスフォース化粧水成分についてまとめておきました。

 

ライスフォース 化粧水

 

 

購入前にしっかり把握しておきたい方も多いと思うので、内容をご確認ください。

 

その他安全性についてもお伝えしていきます。

 

 

ライスフォースの化粧水の成分はこちら

 

『ライスパワー No.11』 『水』 『エタノール』 『BG』

 

『DPG』 『濃グリセリン』 『グリチルリチン酸2K』 『DL-PCA・NA液』

 

『大豆リゾリン脂質液』 『ヒアルロン酸Na-2』 『植物性スクワラン』

 

『天然ビタミンE』 『PEG(120)』 『POE・POPデシルテトラデシルエーテル』

 

『POE(25)POP(30)』 『カミツレ油』

 

『粘度調整剤』 『PH調整剤』 『メチルパラベン』

 

ライスフォースの化粧水の成分はこのようになっています。

 

主成分はライスパワーNo.11となっており、この成分を筆頭に肌のケアをしていく化粧水です。

 

 

ちなみにパラベンとは防腐剤の事ですが、ライスフォース化粧水に含まれているメチルパラベンは安全性の高いものです。

 

作用がキツイとされているのはブチルパラベンという種類のもので、そうしたキツイ作用のあるものはライスフォースでは不使用となっています。

 

 

ライスフォース 化粧水

 

 

実際問題こうした防腐剤を使用しないと、化粧水といえ放置すると腐ってしまいます。

 

仮に使用者が気付かず腐ってしまったものを肌に使う方が危険なので、それを防ぐ為に安全性の高いメチルパラベンが使用されているのです。

 

 

 

ライスフォース化粧水の成分の安全性について

 

ライスフォースはいわゆるお米のエキスから作られるライスパワーNo.11を主成分としています。

 

これは特に危険のある成分ではありませんし、他の成分に関しても同様の事が言えます。

 

 

そもそも肌に直接塗る化粧水にあえて危険な成分を使用するわけがありません・・・

 

ライスフォースは公式サイトでも説明がされていますが、敏感肌の方まで使えるような商品です。

 

ライスフォース 化粧水

 

 

というのも、ライスフォースは

 

  • 無香料・無着色
  • 石油系界面活性剤不使用
  • 動物性原料不使用
  • 弱酸性
  • アレルギー・刺激テスト済

 

 

基本このようになっています。

 

ただライスフォースをこれから始めるなら、まずはトライアルキットを買う事をお勧めします。

 

 

というのも、トライアルキットには返金保証がついているからです。

 

これは万が一肌に合わなかった際に利用出来る制度になります。

 

 

返金保証はトライアルキットを申し込んだ方が利用出来る制度で、1度だけ利用出来ます。

 

商品到着から30日以内に肌に合わないと感じたら利用出来るので安心して申し込めます。

 

 

ライスフォースの化粧水の成分に関してのまとめ

 

ライスフォースはお米のエキスから作られるライスパワーNo,11を主成分としています。

 

 

  • 1.ライスフォースには危険な成分は含まれておらず全て必要な成分です。

 

  • 2.基本は敏感肌の方まで使える化粧水。

 

  • 3.最初はトライアルキットを使用すると、万が一肌に合わない場合に返金保証を利用出来る。

 

 

世の中にはいろんな商品がありますが、万能な商品というのはまずあり得ません。

 

ライスフォースの化粧水等の商品ならなお更使う側にも違いがあるので、もしかすると肌に合わないという場合が出てきます。

 

 

ライスフォースの化粧水等の成分は基本安全ですが、そういう万が一の時の備えもあるので安心して始められるのです。

 

 

ライスフォースのお試し

 

 

恐るべしライスフォース・・・・

 

 

ライスフォース悪評